SEO戦略/誰でも同等のスキルを手にできるWordPress

©Drawing!フリー素材イラスト集 yoshitaka kai

簡単ではないが、やっただけ身につくスキル

WordPressには外観を変えるテーマや、様々な要素を追加できるプラグインがある。テーマにおいては既存のものを使用するか、オリジナルを作成するかになるが、オリジナルを作成する際はPHP言語といったプログラミングスキルが必須になる。

それ以外を除けば、ある程度の時間を費やせば大まかな仕組みもつかめれるのがWordPressのいいところだ。

ホームページ作成には主にHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使うが、そういった言語も不慣れな初心者であっても、アメブロやライブドアブログのようなブログサイトが簡単に作成できるようには作られている。

今あげた複数の言語を学ぶことでさらに上のプログラムを組むことが可能なので、今後使用することが増えそうであれば、できるだけ習得することをお勧めします。

企業がこぞって導入している

個人的に不思議なくらいWordPressは企業内でもこぞって導入されている。それも導入しやすいが故のことだろうと思うし、何せ無料でこれだけのプラットフォームが使えて、しかもSEOにも強いとなると使う手はないのかもしれない。自然とクラウドソーシング内でもWordPressの案件は多くなっている。

逆に弱点として、レスポンシブデザイン等の対応が遅れていることもあったりする。専門的なことを言うとCSSの改善などは、専門知識が必要になるので、企業内では対応できる人間がいないと外注に頼りがちになる。

これから先のことを考えれば、企業が外注する流れは当たり前になってくるはずだけど、今のところまだまだその兆しは見えては来ていない。

参考書も豊富に出版されている

WordPressは学習面において、参考書のほか動画関連も充実しているので難易度は低いと言える。

がしかし、導入しやすいとはいえ学べば学ぶほど奥が深いのがWordPressでもあるので、小さな積み重ねをしていくことが一番のスキルアップへの近道になると思う。

企業側として考えても、外注する際、どこをどう修正したいのか、その理由なども含めて検討できるくらいの知識は取り入れていけると、受注者ともうまく連携が取れて、効率の良いプロジェクトが進められるのではないだろうか。


このサイトのイラストはDrawing!フリー素材イラスト集で公開しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です