SEO対策〜WebサイトをGoogleの検索結果の上位に表示させる方法〜


・SNSからの流入を増やす

SNSからの流入を増やすことがなぜ検索結果の上位に表示させることにつながるのかというと、Webサイトがユーザーにどれだけ利用されているのかということが関係しているからということが考えられます。

Webサイトを構築後に、全くユーザーから利用されることがないサイトは、情報としての価値が低く評価されてしまうため、検索結果に影響を与えることになります。

次項で解説するSEO対策を施すことで、検索結果の上位に表示されやすくする対策は取り入れることはできても、そのあとどれくらい利用され続けるのかというのは、サイトの構築の時点で計算に入れておく必要もあるかもしれません。

需要の高い情報が含まれたサイトと、それほど求められていない需要の低いサイトとでは、どうしてもユーザーの利用頻度は下がります。

Google頼りにしているといつまでもこのユーザーの利用率を高めるのに時間がかかってしまうため、その時間を短くするためにも、SNSからの流入を増やすというのが有効になります。

とはいえ、SNSに依存しすいるのも良くありません。SNSというものが絶対ではないということを認識しつつ、独自にWebサイトの改善も同時進行で進めていく必要はあります。

Webコンテンツというものは、URLアドレスが無くならない限り、ユーザーに永久的に提供されることになるでしょう。しかし時代によって、そのコンテンツの姿、内容などは改善が必要になります。

なぜなら情報を得ようとする人たちが使用するデバイスに変化が起きるからです。

例えば、スマホやタブレット、パソコンなどは現代当たり前に使用するデバイスですが、今後は仮想空間を用いたデジタルコンテンツの需要も高まることを考えると、情報自体が変化しなくても、届け方を改善する必要が出てくるわけです。

その改善というのがSEO対策ということにもつながっていきます。


・SEO対策をブログに施す

SEO対策というのは、GoogleからのWebコンテンツの評価を高めるための対策になります。

例えば、「ユーザーが求めている情報を適切に表示させているか」、「より専門性の高い情報を抵抗しているか」、「ユーザーが使いやすい、見やすいサイトづくりを意識できているか」といったことが含まれています。

ですが、残念なことにこれらはあくまでもSEO対策について取り組む人たちの憶測でしかないので、はっきりとしたGoogleのWebサイトの評価基準というわけでもなく、Googleから評価基準が公表されてはいないため、あくまでもその憶測を頼りに、サイトの改善に努めなくてはいけないのです。

とはいえ、先人たちの努力によって最低限守っておくべき項目というのは、明確になっています。

その情報を頼りに、ユーザー目線でのサイトづくりを心がけることによって、ウェブサイトの評価を高めることができれば、検索結果の上位に表示させることにもつながっていきます。


・自分のサイトと競合サイトを比較分析。そして顧客についての分析も行う

これまで2つの項目について解説しましたが、どちらにも関係することと言えば、自分のサイトと競合サイトの比較分析によって得られることがあるということです。

自分のサイトよりも上位に表示されているサイトが、どんな対策を施しているのか。サイトがキーワードとしているものは何か。レイアウトやデザインなどはどのように作られているのかといったことを分析していくと、全てを真似することはできないにしても、自分のサイトにも取り入れることのできるパーツを見つけることができるかもしれません。

そのような分析を行うことは、何かしらのサイトへの改善を促すことになるでしょう。そういった試行錯誤を重ねているサイトは、更新頻度も自然と増えてくるため、Googleからの評価を高めることにつながります。

どんな小さな部分であっても、ユーザーからのアクションに良い効果を示すものであれば、どんどん改善を進めていきましょう。その積み重ねによって、Webサイトの評価は徐々に高められていくことになるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。