SNSをあまり使わなくなった理由

SNSをあまり使わなくなったのは、役に立たないなぁと思うことが増えてきたこと。そして、自分にとってSNSというものにそれほど価値を見出せなくなってしまったということなんかを考えています。昔は、そういうものがないといろんな人とつながりを作れなかった。SNSは自分が大した人間ではないと考えていても、誰か「いいね」を押してくれるから承認欲求を満たすには役立っていたのかもしれない。でも、いつまでもそんな甘い時代は続かない。情報弱者を騙そうとする人はどんどん増えていき、イタズラをする人も増えていった。その度に厳しいルールが作られていって、だんだん使いにくさを感じたり、おもしろみがなくなっていった。どんなプラットフォームも始めは暴力的なものや性的な表現が含まれたコンテンツが拡散材料になる。そんなコンテンツがあるから、多くの人に知られるようにはなるのだけれど、そこでみんなと同じようなことを続けるにも、ちょっと違和感を持ってしまう。どうコンテンツを発信するなら、自分が作ったプラットフォームを使った方が、「自分の色」が出せるだろうし、ルールだって自分で決めてしまえる。誰かが文句を言ってきても、無視してしまえる。そういう「自分の色」が出せるプラットフォームなんて、結局自分で作ってしまうしか解決法はないんだよなぁ。

今日も、このブログを見にきてくれてありがとうございます。FacebookもTwitterも始めはおもしろいけど、毎日続けようとは思えない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。