SEO戦略/検索順位を上げるためのサイト評価アップ法

©Drawing!フリー素材イラスト集 yoshitaka kai

使い易さも気にするべき

見た目の問題も去ることながら、使い易さも気にした方がいい。

1ページにどれだけスクロールさせてしまうのか。検索者の求める答えにちゃんと答えれているか。複雑な動作を入れすぎて、表示が遅れたりすると、離脱率は当然早々に上がっていく。

それはGoogleへのサイト評価にも悪影響なので、サイトの使い易さは、常に改善していかないといけない。

邪魔にならない広告表示

広告にも色んな種類がある。過去に実績のある広告の形も今通用するとは限らない。

ディプレイ広告よりもインフィード広告の方が成果が出やすかったりする。

これは何より制作者が自ら実験した上で改善できるものだと思う。

経験を元に、どの形が一番利用者にとって不便なものにならないのかとか、最後の出口としてクリックしてもらえるのかは、実際のところ経験からの判断が現実的だったりする。

コンテンツの表示スピード

世の中の通信環境は日に日に良くなっているが、ネット上ではアクセスの際、コンテンツの表示スピードを気にかける人が増えているらしい。

jQueryに頼らないScriptを使用したり、コード内容や画像解像度を修正したりすることで、サイトの動作も変化する。

表示スピードはサイト評価にもつながるので、そのへんもSEO戦略としてしっかり整えていきたい。


このサイトのイラストはDrawing!フリー素材イラスト集にて公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です