SEO戦略/顧客のために検索順位を上げる

©Drawing!フリー素材イラスト集 yoshitaka kai

顧客がいないのでは意味がない

米が欲しいのであれば、靴屋に行ってはいけない。本場のたこ焼きを食べたいのであれば、沖縄に行くのはおかしいだろう。綺麗な海が見たいのに砂漠に行く人は多くはないだろう。

そんなこと誰だってわかっているはずなのに、同じような間違いをしてしまう。それは戦略計画の間違いでもある。

正しい戦略を立てること、そこに時間を費やすことこそ、最短で成果をだすことにつながるのではないだろうか。

顧客から始める

自分の顧客は誰なのか、その顧客はどう変化するのかなど、そこから始めるのがSEO戦略になるのではないかと思う。

わかりやすく言うと、100PV集まっているキーワードを検索する人に向けてやることなのか、1 万PV集まるキーワードを検索する人に向けてやるのか、もしくはどのジャンルなのか、そういったことを考えることで、こちら側の行動も自ずと定まってくる。

使う言葉だったり、ツールなども全ては顧客から始めた方が、最終的には自分にとっても顧客にとってもwin-winなコンテンツに仕上がるはずだ。

顧客の悩みを解決することはSEO戦略とつながっている

SEO戦略は大雑把に言えば、顧客の悩みを解決させるための戦略とも言える。

どのビジネスとも同じだと思う。始まりはいつも顧客。そこから変化に合わせるように対応するのか、新たにのイベーションを提供していくのかの判断は自分にしかできない。

そのための判断材料をしっかりと収集していき、常に顧客目線で入れることがSEO戦略としても役立つはずだ。

yoshitaka kai


このサイトのイラストはDrawing!フリー素材イラスト集にて公開しています。こちらもぜひご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です