もっと簡単でいい

簡単なことを、追求することで結果を出せるようになればそれでいいではないか。最近そう考えることができるようになってきています。人によっては、ウェブサイトをデザインしたりコーディングスキルことが簡単で追求しようとするでしょう。ブログにSEO対策を施し、広告収入を稼ぐことが簡単で追求しがいがあるという人もいるでしょう。僕はどうかというと、どうやら誰もやりたがらないような、難しいと思われているプログラミング関係については「簡単だ」と感じやすく、そして追求しようと思えるようなのです。誰がバックエンド言語のPythonでこれから仕事を増やそうと思うか。誰がAWSを使いこなし、インフラ構築などの仕事を得られるようにしようと考えるか。おそらく日本人のほとんどの人が、このような次世代のスキルについての情報を得ているにも関わらず、新しいことを学ぶ機会を作ることはないのです。それよりも生活の安定を作らなくてはいけないからです。生活の安定を作ることはとても大事です。そうでなければ家族の幸せだってあり得ないのですから。でも、何をやるかが問題で、嫌いなことでお金を稼ぐか、好きなこと、得意なことでお金を稼ぐか、どこで働くかなども大切なことだと思います。なんでもいいという人は、結果的に自分の行動に責任を持てずにいます。「あの人のせいで」とか「教わっていないから」とか「どうでもいいと思っていた」なんてことを吐くでしょう。ですが、それではいけないだろうというのが僕の考えであって、でも、誰にでも当てはめられるものでもないということも分かってはいるものの、自分がどうすれば幸せだと感じられるような時間を過ごせるのかというのは、常々考えておいた方が良いのではないかと思うのです。

もっと簡単でいいのかもしれませんよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。