WordPressのテーマはオリジナルで作れた方が面白い

当然なんですけど、WordPressの外観を選択する時に自分で全部作れてしまった方が面白いはずです。

既存のテンプレートでも良いものはとてもたくさんあると思いますが、とはいえ自分に合ったものをと考えていくと、結局は自分で作ってしまう他ない。そう考えています。

このサイトに関しては昨年リニューアルさせ、今のデザインに変わったのですが、自分が思っているよりも高評価を得ていて嬉しいです。

自分がこのデザインを作っている間は、妻に確認してもらい使いやすさや、見やすさなどをテストしてもらい、最終的に今のデザインに仕上がっています。

なぜこのようなデザインに仕上がったのかというのも、妻の協力がとても大きいですね。

このサイトのテンプレートであったり、レイアウトなどについてのコメントに回答するとすれば、自分の判断で全てを解決させようとはせずに、制作初期の段階から毎回こまめにユーザーユーティビリティーテストを行うことを大事にしてきました。

妻からは何度もダメ出しをもらいながらも、出来るだけ素直に受け入れ改善を繰り返し、時には譲れない部分に関しては、ユーザーにとって出来る限り障害を減らしつつも、オリジナリティーを追求して作り上げていきました。

それでも妻から見ればまだまだ物足りないサイトのようです。

これからブログを始めようと思っている人にアドバイスをするとすれば、私からの言葉よりも妻から出ている言葉の方が、より効果的に読者の皆さんのお役に立つのではないかと思います。

ということで、今回は私が実際にこのサイトを制作する途中に、妻からもらっていたアドバイスについていくつかお伝えしておこうと思います。

1、「色が統一されていない。」

2、「コンテンツの感覚が狭くて見づらい。」

3、「画像が少なくて面白みが無い。」

4、「このサイトで何を伝えたいのかが、よく分からない。」

5、「使っている言葉が難し過ぎて、知識のない人は読みたいとは思わないだろう。」

この妻からの5つのアドバイスを中心のこのサイトのデザインとレイアウトは、読者の皆様から評価を得ることが出来ています。

なので、参考になれば皆様がこれからサイトのデザインを考えるときに役立てて頂けると嬉しいです。

そして、この投稿や他の投稿について、コメントを頂けることをお待ちしています!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。