MacPCでPostgreSQLへのログインで行き詰まった時に読み返すメモ

Macを使ってターミナルで直接PostgreSQLをインストールすると、PC内のシステム環境設定の「ユーザとグループ」の中にサブアカウントとして

PostgreSQL(postgres)

というアカウントが作成されるという事実を知らずに、ターミナルで何度やってもログインが出来なくて困っていたところ、以下のサイトに行き着きようやく解決することが出来た。

http://db-study.com/archives/121

postgresユーザーのパスワード設定(OSユーザー)をシステム環境設定で済ませておき、ターミナルで

$ su - postgres

と入力するとパスワードを求められるので、システム環境設定で設定したパスワードを入力すると、postgresユーザーに切り替わる。

postgres$

このように切り替わっていればユーザー切り替えに成功している。ここからはSQL言語を使ったプログラミング操作が可能になる。

postgres$ psql

と入力することでプロンプトが

postgres=# 

に切り替わる。

プロンプトを通常の表示に戻すときは、

controキー + D

をコマンド入力すると元に戻る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。