ホームページのデザインって大事?

ホームページ作りをしていて、デザインは大事なのかどうかというところで、ただコードでレイアウトを組んだり、画像を貼り付けても、ある程度の形には仕上がるものの、見栄えのあるものに仕上がるのかどうかはまた別の話です。

楽天のサイトであったり、情報商材の販売サイトなどを見ると分かるのですが、かなり長いページを使った構成で仕上げているものが流行っているのは確かで。

なぜそのデザインが選ばれるのかというと、その構成の方が成果が出やすいから、という理由でしかなくて。

かっこいいデザインとか、おしゃれなデザインにしたいのであれば、究極を言えば成果などは無視して、自分の納得のいくまでどんなデザインにしていけば良いのかを考えれば良いと思うんです。

ですが、デザインには100%な答えというものもないし、今のウェブサイトの基本的な形というものが汎用的であり、違和感なく使えるものであるというのが、ある程度形付いてしまったことで、高度なデザインの需要はあまりないというのが、最近のウェブサイト事情なのかなと感じています。

とはいえ、サイトの使いやすさだとか、見やすさ、分かりやすさを追求する上では、デザイン力がなければ達成できない部分もあるので、そこは手を抜かず、自分にとってではなくて、サイトを使うユーザーにとって有益なサイト作りを心がけていくことが、作り手としても受け手としても、特をするサイトに仕上がるのではないでしょうか。