Webサイトのテストは必須

アプリ開発などではテストのためにプログラマーやエンジニアがいることもあるほど、テストは重要なものと考えられています。

そして、Webサイトも同様にテストを行うことで成果につなげる運用ができるようになります。

ですが、Webサイトはテンプレートさえあれば短期間でも仕上げられることから、短期集中的に納期を設けられることも多く、そのぶん後になって修正の頻度が増えたり、おおよそ完成している段階で大幅な変更を余儀なくされることもあるのです。

以前このブログでもお話をしているように、しっかりとした設計とテストの中で、修正をしながら仕上げていくことで、確かな成果をあげるサイトが作られるものの、その理解を得られずにプロジェクトを進めていけば、仕上がりも不甲斐ないものになり兼ねないのです。

そのような事態に陥らないためにも、お仕事のご依頼に関する決まりごとをいくつか設ける必要があると感じたのです。
お仕事のご依頼について

時間を重ねると共に、設計やテストの必要性を感じ始め、自分も含めて専門的な知識や情報よりも、サイトを使用するであろうユーザーの視点で見直せる環境がなければ、一方向からの捉え方しかできず、そのため不本意な成果しかあげることが出来ないようになってしまうと考えています。

重要視している点として、まず自分の中に潜む固定概念でデザインしないこと。そして実際に知識や情報のない一般ユーザーにテストしてもらい、使いやすさを制作段階から追求する必要がある。

もしこれらを無視し制作を進めていくのであれば、それは後になって大きな落とし穴にハマりにいくようなものなのです。

クライアントとワーカーの中での制作は、あまりに偏りのあるデザインに仕上がってしまいます。

大事なのは、サイトを実際に使うユーザーにとってのデザインです。

トップページで数秒で伝えたいことが表されているか、競合よりもそのサイトを利用するべき理由は何か、どこから見ていけばいいのか、今どのページを見ているのか。

などWebユーザビリティが考えられたサイト作りは現代において必須事項だと考えています。

その点も含め、納期に関してもある程度の余裕を持たせる必要はあると考えていて、その余裕がないプロジェクトに関しては、テストを抜きとする危険行為でもあると捉える必要があるのではと思っています。

例え急なプロジェクトの立ち上げによって制作期間が限定されていたとしても、制作と同時進行でWebユーザビリティテストによって編集していく必要がWebサイトにも必要です。

そのため、新たにWebユーザビリティに関するテスト及び修正に関するオプションを追加することにしました。

それと同時に、画像編集、グラフィックデザインやSEO対策、作成後の1年間サポートなども追加しています。

これらはWebユーザビリティにとってもつながりのあるものであると考え、必要であればこちらからもご提案させて頂こうと思っています。

終わりの見えない、修正と打ち合わせという時間とコストの削減に向けて、ぜひご依頼の際はこれらのオプションについてもご検討頂ければ幸いです。