WordPressの使い方

ざっくりしたテーマですが、ワードプレスとはどういうものなのかを少しずつ更新していこうと思います。

まずは特徴として、WordPressはいわゆるノーコードと言われたりCMSと言われたりするものになります。

最近ノーコードがよく使われるようになってきたという情報が流れていますが、実はワードプレスは何年も前から使われているものであり、Webサイトの3割はWordPressで作られているとも言われています。

そんなWordPressですが、どんなツールなのかというと、分かりやすい例で言うとアメブロや、はてなブログのように投稿文を書けば簡単にネット上に発信してくれるツールのようなものです。

SNSなんかもそうですね。SNSはCMSとはまた違ったものではありますが、自動的にコンテンツを管理してくれると言う点では似ています。

どういう構造になっているのかと言うと、WordPressはPHP言語によって作られていて、データはデータベースに保管することで、保存したり、読み込んだりすることができるようになっています。

始めるのには独自ドメインとサーバーそしてデータを補完するためのデータベースと、WordPressの設定ファイルなどが必要です。

知識としてはそれ以外にもHTMLやCSS、JavaScriptの知識などもあれば幅広いデザインを採用することもできます。

WordPressには投稿機能やプラグイン、外観を決めるテーマなどもあるので、それほど多くの知識を必要とはしないのですが、最低でもHTMLやCSSの知識があると、修正などを外注する際などにスムーズに打ち合わせしていくことができるでしょう。

Webサイトは作れるけれども、記事投稿を自動化させたいという人は結構多いと思います。ですが、WordPressを導入するには先ほど話した言語の知識であったり、導入するための知識も最低限必要となります。

ネット上にある情報を頼りに進めてもいいですし、サーバーによっては導入のためのドキュメントが用意されていることもあります。

参考書籍で進めていくのもアリだと思います。多くの情報がまとめてチェックできるので、僕は参考書籍で勉強していたし、確かな情報が手に入るのでオススメです。

ざっくりとですが、WordPressがどのようなものなのかを説明していきました。

WordPressは導入すること自体は難しくないと言われるものの、結構深い概念で作られてもいるので、WordPressの使い方に関してこれから少しずつ内容の方も紹介していければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です