スティーブ・ジョブズの話

みんな大好きスティーブ・ジョブズについての自伝書を久々に毎日読んでいるのですが、やっぱりおもしろい。

変わり者には変わり者が集まっていて、その人たちで少しずつ作り上げていったのがApple社であり、MacBookやiPhonなのだなと改めて思います。

どうやってスティーブ・ジョブズが成功していったのかをたどっていくのもおもしろいのですが、この人がどんな問題を抱えてきて、その問題と向き合ってきたのかという点においても興味深い話が残されています。

もともとスティーブ・ジョブズという人は他の人とは考え方が違っていて、本人もそれに気付いていた。そしてその人格をどう生かしていけば良いのかを考え続けていた人生であったような印象を感じています。

世の中にはたくさんの成功メソッドや原理原則、習慣などに関する本がたくさんありますが、自伝書というのはかなり細かくその人の人格を知ることができてオススメですし、問題にぶち当たっている時のその人の解決法を読んでみるのは、自分にとっても多くの学びを与えてくれるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です