納期について

納期って人それぞれに決め方があるんじゃないかと思うんですが、個人的に思うのは、

修正までを含めると、希望納期を超えてしまう。

これ、一概には言えないんですが、イラスト制作であればある程度の予測がつけやすいのですが、

例えばWebサイト制作なんかは、ある程度形にした段階で提出し、その後修正案が出てくるのがほとんどで、

そこから再度修正を加えるとなると、内容によっては納期を超えてしまう事はよくあると思います。もしくはギリギリになってしまうことも。

なので、納期を決める際はある程度、形にした後の修正も含めた納期を考えておくといいのかもしれません。

制作側としてもそこは双方にメリットがあると思っていて、クラウドソーシング内では、よく4、5日で制作してほしいなんて案件もあります。

お急ぎの場合はお気持ちもわかるのですが、短期間で仕上げるというのは、こちらとしては修正箇所の余白部分が残ってしまう可能性もないとは言えません。

そこを埋めるには、時間がやっぱり必要で、それは1ヶ月とか長い話ではなくて、気持ち2、3日あれば、よりクオリティーをあげれるのではないかと思っています。

画像素材やテキストが準備してあってもそれは同じで、LPなどの制作はおおよそ1週間は見ておくといいのかなと思います。

コーポレートサイトなどは場合によってはページ数の多いものもあると思いますので、1ヶ月か最低でも2週間は余裕を持っておくといいのではないかと思います。

コーディングはテンプレートがあるかないかでも制作スパンが変わってはきますが、修正期間というものは大体出てくるものだという予測も立ててもらえると、こちちらも助かりますし、

より良い物を作ることにもつながってくるので、ぜひご依頼の際は余裕を持った納期設定をしていければいいなと思います。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です