Djangoでアプリを作る時のメモ(for Mac)


MacでPostgreSQLとpdAdminを接続する方法


1、pgAdminをインストールする

https://www.pgadmin.org

初期設定で設定するパスワードは、ターミナルで使用することがあるので忘れずにメモしておく。


以下、ターミナルでの操作。


2、Homebrewを使ってPostgreSQLをインストール

$ brew install postgresql

インストール出来ているかの確認は、

$ psql --version

3、PostgreSQLを起動する

$ brew services start postgresql

4、PostgreSQLへ接続(ログイン)

$ psql -U postgres

パスワードを求められるので、1、で設定したパスワードを入力する。

ターミナルの表示が、

postgres = #

に変わる。

5、データベースの作成

ターミナルでPostgreSQLに接続した状態で、以下を入力する。

CREATE DATABASE (データベース名);

成功すると次のように表示される。

CREATE DATABASE

作成したデータベースにログインするには、

$ psql -U postgres -d (作成したデータベース名)

ユーザーpostgresのパースワードを求められるので、1、で設定したパスワードを入力。

成功すると次のように表示される。

(作成したデータベース名)= #

psqlの終了は、

\q

Python仮想環境作成

ターミナルでコマンド入力。

$ python3 -m venv (仮想環境名) 

Python仮想環境への入り方

$ cd (仮想環境名)
$ bin
$ source activate
(ここから作成したPython仮想環境名が入る。以下省略) $

Python仮想環境からの抜け方

$ deactivate

Djangoプロジェクト作成

ターミナルでコマンド入力

$ cd (プロジェクトを作成するディレクトリ)
$ cd bin
$ source activate

ここまでで仮想環境に入る。次にDjangoプロジェクトの作成。

(ここから作成したPython仮想環境名が入る。以下省略)$ django-admin startproject (プロジェクト名)

次にDjangoアプリケーションを作成する。

$ python manage.py startproject (プロジェクト名)


開発サーバー(runserver)の実行

error: could not connect to server:

このエラーに苦戦した。

どうやらデータベースとの連携が上手く出来ていなかったようで、Pycharmでのコマンド設定によって解決できたので、記録しておこうと思う。

今回データベースはPostgreSQLを使用。

Environment Variablesという設定項目で、

「DB_USER」と「DB_PASSWORD」

この項目にPostgreSQLでの設定値を加えることで、上手く実行できた。

ちなみに、スーパーユーザーでも、新規作成ユーザーでもできたが、念の為、新規ユーザーの作成方法を残そうと思う。
https://www.dbonline.jp/
postgresql/role/index2.html



スペルミスを探すコツ

エラーが発生した時に、まずエラーコードにヒントが隠されていることがよくあるので、そこからチェックしていく。

ヒントになる項目として、

ファイル名、行数、コード名、タブ名、

などが含まれたヒントは特に役立つヒントになる。

そのヒントを頼りに、どの部分がエラーを起こしているのかを探っていくと、早い段階で修正できる。



Seleniumを使ったテストの際のchromeDriverのpath設定

今回の例では、

class TestLogin(LiveServerTestCase):
    @classmethod
    def setUpClass(cls):
        super().setUpClass()
        cls.selenium = WebDriver(executable_path='/Users/ユーザー名/保管場所/chromedriver')

もし保管場所が分からない時は以下のURLを参考にする。
http://c-through.blogto.jp/archives/45171798.html


AWS EC2インスタンス接続のためのconfigファイルの記入方法について

参考書籍通りだとエラーが発生するので、追加メモを。

host XXXXX
  HostName     <パブリック DNS >
  Port         XX
  User         XXXXX
  IdentityFile ~/.ssh/XXXXXX

注意するのはパブリックDNSの部分。パブリック DNS (IPv4)の数値を入力すると接続成功する。

また鍵ファイルのpemは保存時にtxtファイルで保存されているが、pemファイルに切り替えておいたほうがいい。





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です