顧客に合わせたサイト作り

フリー素材探しはDrawing!フリー素材イラスト集


WEBサイトを作る時に考えることは、顧客に合わせたものができるかということで、

どういうエフェクトを取り入れるのか、もしくは省いていくか、とかいう話になってきます。

例えば、顧客の年齢層が高ければサイトを見る時に使う媒体はスマホよりもパソコンに偏ってくるんじゃないかと思う。

スマホはずっと見ていると目が疲れたり、使い慣れていなかったりもする。もっと言うと、そういった機械という媒体に弱いから使いやすいものの方が見る人は増えるんじゃないかと思う。

それに加え、エフェクトを加えすぎてもサイトに使いずらい印象を与えることもあると思う。

メニューバーの切り替えボタンを設置しても、それが切り替えボタンだという認識がないと使ってもらえないし、下からヌルヌルコンテンツが出てきても、そこに興味がないとあまり意味がない。(これは僕の勝手な解釈ですが 笑)

若い年齢層でいうとどうなるか。

若い層はスマホ中心にサイトを検索したり、アプリを使う人が多い。

経済的なことも関係してか、家にwi-fiがないためネットをつなぐにはプロバイダーと契約するよりも、携帯会社などのプランに含まれる大容量の通信プランを選び、

ネットを見る時には、スマホとパソコンをBluetoothでつないで見るという、良いのか悪いのか分からないけど、若い人たちはそういう使い方をする人が増えているらしい。

その方が、ネットをつなぐための準備に面倒がなくてラクだという話もあるけど、通信環境でいうとちゃんと家にwi-fi環境を作るのが望ましいとは思う。これは経済的なことが結構関係してるので、あまり無理は言えない。

だけど、通信環境を関連させて考えると、JavaScriptのライブラリであるjQueryを使ったサイトに動きを加えるエフェクトは、使いすぎるとサイトの動作が重くなる。

なので出来る限り軽いものを使い、もしくはCSSで対応できるものはそうすると、スマホ世代と言われる層の目にも届くようになるんじゃないかと思う。

結果的に、使いやすいサイトはSEO対策にもなるのでオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です