スライド画像はスピードが早いと目が疲れやすい

サイトのトップページにスライド画像を挿入することはよくありますが、表示スピードを気にしておかないと目が疲れやすいサイトになります。

トップページから目が疲れやすいページを表示してしまっては、そのあとのページでの紹介文や商品説明などを読むことが嫌になるかもしれません。印象を与えるはずのコンテンツも逆に悪影響です。

サイトの離脱状況によってはGoogleの評価も下がってしまうので、気をつけないといけません。

スライド画像の表示スピードはJavaScript言語を使用して変動させていきます。

そこは細かい修正が入ってくるのでここでは話しませんが、一度自分が運営するサイトをチェックしてみて、どんな人が見ても目疲れしないサイト作りを続けていくことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です