夫婦というものは

今日は朝からエヴァを見ていた。もう何度見たことだろう。それほど見返したくなるはなしなのである。それが終わると下の娘とゲームをして、昼からは母のパソコンの買い物を手伝っていた。そのあいだに妻とこどもたちは家庭用プールで遊んでいたようだ。帰ってくると疲れ果てた妻がいた。せめてもの償いに洗濯物を片付けた。最終的に妻的にはずっとこどもの面倒と家のことで疲れ果てた挙句に、僕からかまってもらえていない一日を悲しんでいた。たまにそういう日がある。そういう日はできるだけ静かに横にいることにしている。そうすると、自然と妻のイライラは落ち着いてきて、自然とはなしはじめてきだすのだ。夫婦というものはそんな感じで自然体でいれるのが一番きらくで良いと思う。


今日も「ここ。」に来てくれてありがとうございます。夫婦はお互いにやさしくいられたほうが良いに決まっている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。