ライターのわがまま

言葉の解釈は人それぞれであって、ライターとして書いた文章が人によっては理解しづらかったりすることは当たり前に起きることだと思う。

文章として優しいものはどんなものかと考えた時に、相手の立場になって考えられたものではないかという印象があるが、あまり相手の立場になってしまいすぎると、どうも面白みのない話が続くことになってしまう。

これは自分が仕事として文章を書いている時にも思うことで、出来るだけ分かりやすい文章にしようとすればするほど、全体の内容として面白みのない話でまとめられてしまうのが、なんとも悲しい結末である。

コンテンツとして面白みがあって、つい興味がそそられてしまうものは、人格が文章に現れていたり、その人独自の表現が含まれていたり、経験が書かれてあると、自然と読み進めてしまうものである。

番人受けする内容ばかりを書いていてもつまらないという、ライターのわがままといえばそうかもしれないけれど、書いている本人が楽しめていないものに、誰が目を向けるというのだろうか。

というのも疑問に感じつつ、出来るだけ自分らしい文章を書き続けたいものだなと思う。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。