自分を成長させる方法

他人は変えられない。だが自分は変えられる。それを基本として、周りには何一つ要求もせずに、淡々と理想と突き詰めていければ、それだけでもお金を稼ぐスキルは手に入るし、収入を増やすことだってできる。ではなぜ副業を始めた人が失敗できなかったり、起業に失敗したり、会社で揉めたりしてしまうのかというと、自分で考えることが苦手だからではないかと考えている。自分で考えるためには、誰の手も借りず、自分の経験をもとにしてアイディアを生み出したり、行動に移すことが大事なのだけれど、その力があまりにも弱すぎて、結局周りの思うがままになってしまっている。だから、「失敗する」というよりは、本当のところは「何もできずにいる」が正しいのではないかと思う。「何もできずにいる」だから何も結果が出せない。何も学べない。そんな人たちはいつの間にか周りを批判したり否定したりし出すこともあるけれど、それは周りが何か悪い原因でもあるかのように見せかけて、実は自分の自信のなさの表れであったりする。自分に自信が持てないが故に、周りを否定して、自分の立ち位置を高めようとする。そうしなければ。自分の立ち位置を守れない。それはあまりにも悲しすぎるのではないだろうか。たかが副業で何もできないから、起業で失敗したからと言っても、「何もできずにいる」のでは結果を出せなくて当然なのだから、まずやるべきことは周りを否定するような時間を作るというのを止めること。そして、自己啓発本やらビジネス書なんて買い漁らずに、自分が身につけたいと思うスキルを勉強して、仕事レベルまで押し上げて、実践を積み上げていけば、それだけで十分お金を稼げる見込みができるはずなのです。努力だとか、戦略が大事だ、なんてことを僕自身もよく言葉にするけれど、本心ではやっぱり努力の積み重ねとその時間を重ねることでしか、成長はないと思っている。でも、そればかり話していてもなんだか抽象的になりすぎてしまうから、背鰭尾鰭をつけてしまうけれど、人間が成長する時というのは、シンプルに自分がやるべきと思っていることを淡々と続ける以外他ないんじゃないだろうか。

今日も「プログラミングノート」を見にきてくれて、ありがとうございます。夜普段書かない時間に文章を書いてみると、思いのほか「書けたな」という実感がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。