自分の悩み事なんて、それほど大したことなかったりもするものだ

ゼロからお金を稼げるようになった後、そこからどうやって稼ぎを増やせば良いのかとか、どんなことを勉強すれば稼げるようにかと悩んでいるときほど稼げない。フリーランスだから、自由に働けば良いのだし、いろんなことを経験にしていけるという強みはたしかにある。会社員のままだと、今日は上手くやれるだろうか、あの人とまともにちゃんと話ができるだろうかなんて余計な不安が付きまとう。それでは普通に働くことすらできなくなってしまう。それが働くことに対しての不安。日常でよくある不安には他にもハルがご飯を食べる前や後に少し胃液を吐いたとか、食べたご飯を少し吐いたというだけでも、大丈夫かなぁと何時間も考えていたりすることがある。たまにご飯を食べないなんてこともある。それは子どもだから甘えん坊になっているということも考えられるようだけれども、大人らしく心配をしている自分を、偉くなったものだなぁともう一人の自分が上から見ていたりもする。

お金を稼ぐということに関しては、使わなければお金は溜まっていく。でも使うから余計に稼がなくちゃいけない。でも、事業として仕入れだとか必要経費にお金がかかることもあって、勉強のために資料を集めることなんかもあって。それはビジネス的には投資と言われる類に当てはまるのだろうけれど、「勉強すること」と「仕事になる」というのは、全くの別物。勉強した後は仕事として、学んだことが使えるようになるまで、とにかく訓練しなくちゃ意味がない。子どもが自分の意見を誰かに代わりに言ってもらおうとしているとき、僕は親としての立場を使って、「自分のことは自分で話そう」と伝える。それは自分の気持ちを自分で伝えるための訓練でもある。それは親の勝手な価値観だと言われればそうなるのだけれど、今の時代に自分の気持ちを伝えられないのは、言われるがままになってしまって、その子の将来にとっても、もったいないことがたくさん起きてしまうだろうと思っている。大人であっても、自分がこうしたいと考えていることは、結局のところ、行動を起こしたり、誰かに手伝ってもらわないと実現できないことは多い。それを他人に自分の代わりにやってもらおうというのは、会社の経営者でもない限りは、理解されてもいないのに、相手を利用しようとしているふうにも捉えられてしまうこともあって、周りから毛嫌いされることも、今の時代にはよくあることなんじゃないかな。

ここいらで僕が今悩んでいることを残しておこうと思う。「いつになったら暖かくなるのかなぁ」、「ハルは今日も元気にご飯食べてくれるかなぁ」、「妻は疲れ過ぎていないかなぁ」、「ちゃんと稼がないとなぁ」、「プログラミングの勉強しないとなぁ」、「洗濯物ちゃんと片付けないとなぁ」。

今日も、このブログを見にきてくれてありがとうございます。自分の悩み事なんて、それほど大したことなかったりもするものだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。