続けている事業について

今続けている事業というのは、すでに収益化できているものもあれば、これから少しずつ利益を作り出していかなくてはいけないものもあって、どちらかといえば将来的に利益を生み出せるものの方が多いから、今すぐには役に立つなんてことはない。でも、そんなふうに仕事を作らないことには、いつまで経っても毎日を仕事に追われて生きていくことになってしまう。サラリーマンみたいに働くのはごめんだから、とにかく少しずつあとになって苦労しないだけの事業を作り上げていかなくちゃいけないんだ。

DevOps

これが僕がこれから先、最もメインとする仕事になる。今すぐにやれって言われてやれるものではなくて、将来的にずっとやり続けることになる仕事だと思う。AWSでインフラを構築、プログラムは基本的にはPythonを使って作ることになる。フロントエンドをJavaScriptで作り込みたいところではあるけれど、それはもっとあとになってからの話になるだろうという気はしている。プログラマーの役割というのは、とても幅が広い。仕事が消えて失くなるなんてことはないはずだ。でも、何をやるかを決めることはかなり大事になってくる。多くの時間を仕事に奪われることだけは嫌だから。だから、とにかく自分が好奇心を持てるものだけに集中する必要がある。それがDevOpsなのである。

バリュー投資

稼いだあとの資産をどう守っていくのかを考えたときに、このバリュー投資に出会った。もちろん簡単に習得できるものではないけれど、証券分析も併せて、少しずつ勉強していくことにしている。

ライター

単にタバコに火をつけるだけのものではない。パソコンを使って、いろんな情報、知識、技術を発火されることで、多くの富を作り出してくれるものであり、肺の中にニコチンを充満させて、短期間のリラックスな時間を作り出すよりも将来性のあるライターである。今ではこれは収入源の中心になってくれている。

盆栽

笑われるような、馬鹿にされるような仕事をひとつだけでも持っておこうと思った。それが盆栽だ。盆栽は「稼げる仕事ではない」と思われている。でも、実際のところ、誰も盆栽で稼ごうなんてことを考えないのだから、逆を言えばやる人が少ないんだから競合性も低いってことになる。日本よりも海外の方が、最近は盆栽の人気があることを知っているだろうか。そんなことも知らないのに、盆栽について笑ったり、馬鹿にしたりするのは、時代遅れだという人もいるかもしれない。まぁそんなことは僕にとってはどうでもいいことで。とにかく木を眺めている時間がすごく無になれるから好きな時間として始めたことであって。それを仕事にできれば最高じゃないかということではじめたのである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。