プログラミング/Django/URLの逆引き

URLの逆引きによって作業効率を良くしたり、URLの入力間違いを防げるようになる。

アプリファイルのurls.py

urlpatterns = [
    path('', views.top, name='top'),
    path('resume/', views.resume, name='resume'),
]

テンプレートファイル 例)base.html

<a href="{% url 'project_app:top' %}">TOP</a>
<a href="{% url 'project_app:resume' %}">Resume</a>
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。