プログラミング/Django/staticファイルの設定

setting.py上部に追加

import os

setting.py下部に追加

STATIC_URL = '/static/'
STATICFILES_DIRS = (os.path.join(BASE_DIR, 'static'),)

これでstaticファイルにパスを通せるようになる。あとはテンプレートファイル最上部に

{% load static %}

を追加すれば、css、js、img関係のファイルが反映されるようになる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。