プログラミングに終わりはない

プログラミングを学んでいると、その奥深さには興味がどんどん湧いてくる。

初めはフロントエンドのことばかりで精一杯だったのが、いつの間にかバックエンドやインフラについて勉強し始めることになったり、その役割ごとにいろんなツールがあって一つ一つの内容が濃ゆいので、そんな簡単に把握できるわけでもない。

でもそのくらいじゃないとやり甲斐も感じられないし、やったらやっただけ他の人が出来ないような仕事が出来るようになるのであれば、どんどんやったほうが良いと思うし、将来的にも役立つことしかやってないからやっていて充実感も感じられる。

その勉強するための時間を確保するにも、外で働く時間を省くために、どうにか在宅で稼いで稼いで、勉強して、また稼いで稼いでの繰り返しにはなるけど、今はそれしかやり方はないと思う。

でも少しずつ成長している感覚もあるし、このまま地道に成長していけるようにしようとも思える。

ウェブ関連の仕事は日に日に競争率が高くなってきていて、仕事を取りに行くにも倍率が高すぎる状況が進んでいる。

そんな時にこそ、他の人がやってないような勉強をどんどんやって、他の分野でも手が届くような開発者になっていかなきゃいけないんじゃないだろうか。

プログラマーとしての勉強が終わることは、一生なくていい。このまま勉強し続けながら、楽しく仕事して楽しくプライベートを過ごしていこう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。