プログラマーの癒し 愛犬との散歩で気分を切り替える

愛犬との時間は良い気分転換になる。散歩に出かける時間というのは、一日の中でもかなり気分を変えてくれる時間になる。仕事のことも考えないし、家事・育児からも一旦離れられる時間。その時間のおかげで、今年はなんとか夏休みを乗り越えることができた気がする。実は昨年はまだうちの愛犬ハルはいなかった。今年からやってきた愛犬ハルは人懐っこくて、誰にでもしっぽを振ってかまってもらおうとするくらい甘えん坊なのである。ほんの数ヶ月前まではコロコロしていた小さな子犬だったのだけれど、今となっては面影はあるにしても、かなり成犬に近づいてきた。着せていた服もだいぶ着れなくなってしまったし、きっと冬になる頃には新しい服を買わないといけないだろうなぁ。

プログラマーの仕事は何かと仕事で頭を使うものだから、体力的には大丈夫でも、集中し過ぎて精神的に疲れてしまうことがある。というか、パソコン仕事全般で、集中し過ぎるというのはあまり良いことのようには思えない。だから、散歩でもして外で気分転換することが大事。犬を飼っていなくても、ひとりで散歩に出かけてみれば、その効果を実感できるはず。「歩く」という行為自体、血液循環を改善させる効果があり、精神的にも良い効果がある。日を浴びることで睡眠時の眠りにも良い効果がある。ダイエットに興味のない人であっても、散歩はとにかくおすすめの運動なのです。ついでも愛犬も連れて30分くらい歩いて家に帰れば、家を出た頃とは気分も大きく変わっているはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。