プログラマーになるためには何時間くらい勉強すればいのか


という質問がよくネット上で出ていて、YouTubeやnoteなんかでも情報が発信されている。それを見る限りでは、300時間とか600時間とかざっくりとした総合時間が記されてはいるけれど、本当にその情報が万人受けするのだろうか。僕は別にこのような情報を検証するつもりはなかったのだけれど、自分がプログラマーとして仕事が得られるようになるまでに、どれくらい勉強しなければいけないのかという質問に関しては、ある程度の答えを出すことができる。その答えというのはあくまでも僕の場合のものなので、万人受けするものでもなければ、ほとんどの人がやろうともしない方法だと考えている。

外で働きもせず、ただ毎日ひたすらに8時間以上、プログラミングを勉強し続ければ、半年もあれば稼げるようになる。

これは僕の中でかなり大きな成果を上げた経験です。真似をしたければしてもらって構いませんが、多分ほとんどの人がそんなことはできないはず。外で働きもせずなんて、お金がどんどん無くなるわけですから、生活すらままらなくなります。子どもにも妻にも、八つ当たりしたり、強く当たり散らすこともよくありました。それは今でも反省しています。ですが、そうでもしなければ僕は食っていくアテを作ることができませんでした。まぁ結果的に今こうしてのんびりとフリーランスとして、自由気ままに働くことができています。決してプログラマーとしての仕事ばかりではありません。絵を描くこともあれば、文章を書くことだってあります。ですが、過去に経験した地獄のような半年間、毎日ひたすらに8時間以上、プログラミングに打ち込んでいたから、できるようになったことはたくさんあったのは確かです。リスクを負わなければ結果は生まれないといういい教訓にもなりました。この話が誰かの参考になるとはあまり思っていませんが、もし役立つのであれば嬉しいです。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。