プログラマーとしての専門性について考える

プログラマーとしての専門性というのは、よく考えておいた方が良いと思う。最近の僕は Pythonプログラマーとか、Webプログラマーといったざっくりとしたカテゴリーでプログラマーというものを絞って考えていた。だけど最近になって考えているのは、それだけでは競合率が高すぎてプログラマーとして生き残りづらくなると考えていて。もっと先のことを考えて、プログラマーとして最終的にどうなりたいのかを考える必要に駆られて色々と考えていたときに、ふと浮かんだこと、これがまた理にかなっていたことでもあって、時代の流れにも沿っているなぁと思ったので、そのまま自分の目指すべき旗として立てることにした。その旗というの「 DevOpsEngineer」である。とてもむずかしいように思える立ち位置。この旗を掲げてこれからプログラミングを続けていこうと思う。「 DevOpsEngineer」という立ち位置はこれからの時代に非常に重要な役割を担っていて、単なるウェブコンテンツのメンテナンスを円滑にするといった範囲を越え、もっと幅広い開発に関する多くのサポートを担っていて、そう簡単に食いっぱぐれもせず、そして僕の好奇心をじゅうぶんに満たしてくれる旗として立てておくことの出来るものだと考えている。この「 DevOpsEngineer」というまだかなり先に立てた旗を目指すのは周囲の人からすれば、馬鹿なことだと思われるのかも知れないし、理解されないことかもしれないけれど、ありがたいことに妻だけははなしを聞いて理解してくれた。だから僕はまだまだ前に進もうと楽しみながら続けることができる。

プログラマー甲斐義崇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。