フリーランスとして実際のところ稼げてるのか?って話

ちょっとブログにでも残しとこうかと思うことがありまして、手を動かしているのですが、今年一年、まだ早いですが振り返ってみると、とにかくよく働いたなぁ、という気がしているのです。稼ぐがいくらだとか、所得でいくら分稼いでいるのかってことは、まだこれからの計算になるのですが、とにかく夏頃からはがむしゃらになってお金を作ることに時間を使ってきたのです。それも理由があって、これからの妻の転職資金を貯める必要があったこと。それと、自分が今どれだけの稼ぐ力があるのかをはっきりさせたかったことという理由があったので、「いっちょやってみっか!」ってなまるでドラゴンボールの孫悟空にでもなったかのように軽い感じで妻に伝え、いくら稼げるんだろうと曖昧なまま、やれホームページ制作だ、記事制作だと仕事を取りまくっていました。そうしているうちに今日に至るわけですが、ここいらで少しペースをゆっくり目にして(といっても10月までですが)自分ができること、これからやれることを振り返る時間を作ってみたのです。そうすると、やっぱり稼げる仕事が作れているっていることが大事で、ただやれるってだけでは生活できないから、どうしてもお金の話になってしまうんだけれども、やっぱり世間の目からしても、「この人ほんとにこれでくっていけてるのか?」という疑問ははっきり示さないと拭いきれない疑問を残したまま、ダラダラと好き勝手やってるように見えちゃう。それでは少し悲しい気もするし、はっきり稼げているといったところで世間の冷ややかな目が変わることはないのだろうけれども、それでも僕ははっきりここでだけれども伝えておこうと思ったのです。

「実は会社に依存せずに生活できるようになってます!」

もちろん、妻の支えもあってのことなので、偉そうには言えないのですが、世の男性は自分の力で、どうにか家族を支えないとなぁなんて考えると思うのですが、僕にはそこまでの精神がもたないから、どうしても個人的なビジネスを少しずつ大きくしていった結果が、家族の支えになっている、という方向性を目指す方があまり気も重くならないので、フリーランスで個人事業を展開しているわけです。

それでもまぁ、妻の転職金は稼げそうな目星はついたし、経費と言えるものを申告できるだけの売り上げを出すこともできるようになっている。あとはどれくらい税金が発生するのかというのはこれからだけど、とにかくお金が稼げるようになったということは何よりこのブログの読者にとっても、信用してもらうためのポイントにもなると思うのです。実際ブログ運営はじめましたなんていう人のほとんどはブログで稼げてはいないと思っています。僕はブログアフィリエイトもやっていないし、広告はつけているけど、実験的な意味合いで続けていて、それで稼げなくてもクライアントワークである程度の収入を確保することができている。これからは、自動的にお金を発生させる仕組みづくりにも取り組む必要はあるとは思うけれども、まだまだ勉強しないといけないこと、キャリア作りを進めなきゃいけない部分というのは山積みで。安易にSNSで発信されるような簡単な仕事ばかりで、長い時間をかけて一人の生活分の収入を確保するためだけに時間を使う気はさらさらない。僕の場合は家族がいるので、自分の好きなことをどんどん稼げるようなビジネスに育てて、ちゃんと家族の支えになれるように頑張りたいと思う。なんだかんだでプログラミングは続けているし、やりたい勉強はどんどん増えている。それでもやるべきことというのははっきり見えているから、迷いもない。このブログでも学んだことで役立ちそうなことはどんどんシェアしていくつもりです。今は特にDjangoの勉強を進めています。このあとはAWSとか関連するNginx、Docker、Kubernetesあたりも進めていかなきゃいけない。なにせ目指すところはDevOpsエンジニアなのでまだまだ勉強も実践も足りていないのです。だからといって生き急ぐかのように続けても、すぐに息切れして疲れてしまうでしょう。そうならないためにも少しずつ時間を見つけては、地道に勉強を積み重ねていこうと思っています。ただそれだけの時間が作れるだけでも、今は楽しいし、実際に自分のスキルとして活かせるようにもなっているから、余計にやりがいを感じているのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。