クリエイターとして

Instagram、Twitter、YouTube。どれもビジネスで使えば集客に役立ったり、収益化に結びつけることができると言われている。そのどれもをもうここ何年も使い続けていて思うのは、自分のビジネスに役立っているのは、自分で作ったプラットフォームだけだなぁということ。WordPressで作ったブログ。これはもう僕の中心的なコンテンツ作りに役立てている。学んだきたこと、顧客に知らせたいこと、ポートフォリオの役割まで、このブログでひとまとめにすることができる。だから本当はSNSなんて使う必要はなかったりもする。それでもSNSを使い続けていたのは、きっと続けていれば何か成果が出るのではないかという「期待」が込められていたんじゃないだろうか。たしかに多少なりとも結果を得ることはできたのかもしれない。でも、ほんの少しの成果のために、それ以上のたくさんの時間を無駄にしてきたのもたしかで。その時間をもっと勉強に充てるとか、コンテンツ作りに費やしていれば、もっと成果を作り出せていたのではないかとも思うのです。SNSというプラットフォームは個人の表現の自由を明確に示すものとして、現代でも使われ続けているし、これからも進化し続けていくでしょう。ですが、クリエイターとしていつまでも皆が同じラインに並んで同じようなことを続けていることには少し疑問に感じたりもしているのです。広い荒野に放り出されてこそ、クリエイターは本来の独自性と発想力を発揮できるのではないかと考えています。その辺に落ちている棒っキレがどんなふうに世の中に役立つのかと考えてみたり、錆びれたガラクタの寄せ集めが、どんなふうに便利なものや芸術的なものに変わっていくのか。それを楽しませるのがクリエイターの役目だったりもします。そして僕はプログラマーであることを忘れてはいけないという自覚があるし、それでも盆栽を楽しみながら、家族との時間も大事にしていきたい。ハルや子どもたちもすくすくと成長しているし、夫婦の時間ももっと大事にしていけるような働き方を作っていきたいとも思っているので、そろそろSNSの時間を減らしていかないといけないんじゃないかと思い始めているのです。

今日も「プログラミングノート」を見にきてくれてありがとうございます。どんな時間も無駄にはならないと思うけど、無駄にしない努力とか継続がポイントだったりもするよね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。