カフェインよりもお茶、お茶よりも水を飲む

飲み物によって中毒性のあるものを体の中に残すことによる影響は大きい。

その中毒性はストレスを増やしやすくすること、突然の脱力感を感じたり眠気を感じたりする。

でも、飲み方によっては効果を出すこともある。それでも、中毒性が強くなる飲み物は、1日1回朝だけと決めている。そして毎日は続けて飲まないようにすることで、夜の睡眠が深くなること、眠りにつきやすいことも分かってきた。

これを続ければ、毎日仕事や勉強も集中して続けられるようになりそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。