おすすめの副業ベスト3

今回おはなしするのは、「時間に余裕がある人」におすすめしたい副業ベスト3です。なので、サラリーマンとして働いている人や、学校の先生をしている人たち、もしくは公務員として働く人たちにとっては少し厳しい副業じゃないかなぁとも思っているのですが、もし興味があれば読んでみてもいいとは思うのですが、あくまでも「時間に余裕がある人」というのがポイントなので、時間に余裕がない、時間を作れないという人は、早めにあきらめておいたほうが、時間はもっと有意義に使えるかもしれませんよ。時間の使い方、よく考えて副業について学んでいきましょう。それでは、おすすめの副業ベスト3についてはなしていきます。


1、Webライティング

これは、インターネット上で情報発信している人や、電子書籍を販売しようとしている人などのために、コンテンツを作成するお仕事です。役立つ情報をテキストとして公開し、副業や起業を成功させるためのヒントを得られるようにするとか、知らなかったことを学ぶ機会を増やしてもらう、という考えがあります。そのような情報発信者のお手伝いとして、クラウドソーシングを活用した副業をする人は増えていて、とはいえひと記事に対する文字数を考えると、時間に余裕がある人の方が、かなり有利です。時間さえあればいくらでも書けちゃうわけなので、あとは文章力と想像力、論理的にはなしを組み立てていくことができるのか、といったことが重要になっていきます。Webライターとしての仕事です。


2、Webサイト制作

簡単に言えばホームページの作成です。個人ないし企業が広告として使用するランディングページ(商品の説明や宣伝、紹介、集客目的で使用するWebコンテンツ)や、コーポレートサイト(会社の問合せ先だったり、事業紹介などをするWebコンテンツ)などの制作を担当することになります。Webサイトの制作にはプログラミング言語を使ったコーディングや、Webコンテンツに適したデザインについての知識などが必要になります。ただコーディングができるからといって、デザイン性を無視したものであっては、仕事として成り立ちませんし、反対にデザインだけの知識でもWebサイトづくりはむつかしくなっていくので、両方の知識が必要です。WEBデザイナー、コーダー、プログラマーなどの仕事になりますね。


3、イラスト制作

イラスト制作には、さまざまな仕事があります。YouTube漫画を制作したり、LINEスタンプの制作、電子書籍の表紙デザインだったり、企業の商品パッケージのデザインや、広告デザイン、ロゴ制作など幅広い仕事を対応していくお仕事です。イラスト制作なので当然技術的な問題を解決させている人でないといけないし、ただ絵が上手いからといって仕事がもらえるようになるのでもなくて、過去の実績なども含めて、人間性で仕事を任せるのかの判断が決められたりということは、本当にあるはなしです。ここまでに紹介していたWebライティングやWebサイトの制作と合わせて、イラスト制作ができる人なんかは、同時に仕事を掛け持つ、なんてこともあるかもしれませんね。僕も実際にそういう機会に何度も恵まれています。本当にそのときはありがたいおはなしです。


以上、今回は「おすすめの副業ベスト3」についてのおはなしでした。「時間に余裕がある人」は特におすすめですよ。時間にあまり余裕がない人は、違う方法で、お金を稼ぐための方法を考えていくことにしましょう。次回はそんなこともおはなしできればと思います。

今日も、「ここ。」に来てくれてありがとうございます。そういえば真面目に「ここ。」でお金を稼ぐという大事なことをはなす機会がなかったなぁと思い、ちょっとがんばって書いてみようかなぁと思っているところです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。