「毎日やる」

「毎日やる」というのができるようになることは、はじめは難しく感じていたことが簡単にできるようになっていく、ということでもある。全く知識がなかったことでも、勉強していくうちに無理だと思っていたことは少しずつ無理ではなくなっていく。ちゃんと僕の脳は学ぶ力を持っていた、ということに気づく瞬間でもある。こどもの頃から勉強は好きではなかったのだけれど、好きなことに関してはとことんやってしまえるタイプで、逆に飽きやすい性格でもあったことを親も言っていたなぁと思い出す。今はなんでもネットを使えば、いろんな情報が手に入るというのに、僕は本を片手にまとめられているものから学ぼうとする。誰の手も借りずに学び進めていこうとするものだから、時間もかかるし、よく挫折しそうになる。でも、その独学スタイルがフリーランスという独特な働き方を作り出しているのは気づいていた。妻は僕のことをポジティブな意味で「変人」と呼ぶ。変わり者とは呼ばずにいつも「変人」と呼ぶのだ。どうやら変人は他の人がやらないことをいつもやるわりに、ちゃんと結果も出すものだから、なんとかポジティブに捉えてもらえているみたいだ。あぁよかった。

今日も「ここ。」に来てくれてありがとうございます。変人には変人なりの生き方がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。