「実現性のある本物のビジネスを始めよう」 その2

第二章 専門知識を学ぶ

>希少価値の高いスキル

これまで専門知識を学ぶことで希少価値の高い人材になれるということを話してきたが、その他にも希少価値を高める方法を話していこう。

100%のクオリティーを提供できないとしても、他分野でのスキルを活用することで、他の人が持つことのできない希少性を身につけることもできる。

分かりやすい話をすると、ライターは自分の経験やこれまで得てきた知識などを元に文章を書いていくのが仕事だ。

転職をいくつも経験していたり、10年ごとに畑違いのキャリアを跨いでいる人はその分の経験を使って、ライティングすることができるだろう。

経験してきた職場や、キャリアに分野の違いなどの幅があればあるほど、その人の希少価値は高まってくる。

その人にしかできない仕事というものは、誰にも奪われずに独占的に請け負うことができるわけで、そういったキャリアを築くには時間がかかるが、すでに持っている人はこれからどんどんその希少価値を利用していくことができるに違いない。

続きはnoteで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です