「なにもやれていないな」と思うときに考えること

なにもやれていないときというのは、事実そのままになにもやれていないのか、結果が出せていないのか、成長できていないのか、そのどれかがほとんどの場合当てはまるから、まずどれなのかを考えてみることにしている。なにもやれていないのであれば、単純な話スマホなんて眺めていないで、勉強を始めるなり、仕事をやるなりしなくちゃいけない。結果が出せていないのであれば、それは稼げないことをやっているのかもしれないし、まだ時間がかかることなのかもしれない。結果を出すというのは、運によるものと、確実に稼げるものとに分かれる。運に任せるものというのは、クライアントが仕事を募集していて、そこに集まる人が競合して仕事を取り合っているようなところで仕事を取ろうとしているとき。そんなときは倍率の問題になるから、やりたい仕事よりも、得意で競合性の低い仕事を探した方が効率よく稼げる、なんてことを考える。確実に稼げる仕事というのは、今のところ作れていない。だけど、どうすれば良いのかはわかっているから、その考えに従って毎日努力していく以外ほかない。成長できていないのであれば、もっと勉強しなくちゃいけないのか、仕事をどんどこなさなくちゃいけないかだろうと思う。一番困るのが、なにもやらずにただ頭で考えているだけのとき。そんなときこそわからないことでも「えいやっ」とやっちゃってしまった方が、どんどん前に進んでいくことができる。でも、それは仕事を取るのか、勉強を取るのかという話になったりもするから、場合によってはむずしい。だけど、妻にこういう話をしていると、家でのんびり犬と戯れながら、マイペースに働けて、空いた時間に勉強しながら、家事育児ができる環境はかなり特別じゃないかと言われる。たしかにそうだと思う。迷っているとき、考えてしまっているときほど、現状を見直して、なにをそこまで不満を溜め込んでいるのか振り返ってみることも大事なのかもしれない。振り返ってみれば、意外にも悩ましいことなんてそれほど多くはないのに、やっぱり行動を起こしていないだけじゃないかと反省したりすることになるのだから。だったら常日頃から少しずつでも新しいことに取り組んでいれば、いつだって前に進んでいけるのだろうけどね。みんなそれがむずかしんだと思うし、理想とする働き方ができていたとしても、そんな悩み事は隣り合わせだったりするのかもしれない。

プログラミングの勉強は600時間は最低でも必要だと言われていたりもするし、1200時間必要だと言われていたりもする。それはあくまでも情報発信者の考え方なので、一概に適した情報というのはないのかもしれない。でも、僕の場合は結構はっきりしてきていて、ひとつの言語やツール、プラットフォームを学ぶときに、1冊の参考書を2ヶ月くらいで勉強し終える計算で、そのあと、もう2ヶ月使って実際に個人開発に取り組んでみることで、ちゃんと使えるスキルとして学ぶようにしている。勉強に使える時間は一日に2時間くらい。それでも半年あれば、ひとつの言語の使い方くらいは学ぶことができる。あとは基本的なことを学んだあとに、もっと好奇心を持って次のステップに進もうとすることができるかが大切で。今はAWSを参考書を使って勉強していて、多分AWSは特に奥が深いから、半年くらいは勉強しているような気がする。そして実践的な勉強で2、3ヶ月。そう考えると認定試験を受けようなんて考えていたら、あっという間に1年は終わってしまいそうだ。でも、その1年で世界で注目されていて、需要の高いスキルが身に付くのであれば、どう考えたって割にあった時間になるんじゃないかと思っている。そうでなきゃお金を稼げないことにいつまでも時間を使っているわけにもいかない。僕は事業の一環として盆栽業も兼ねて事業を進めているのだけれど、盆栽だってかなりの時間をかけて、ようやく1万円で売れるかどうかってところのものを育てていかなきゃいけない。その1万という価値も、自分で決めてしまえるのだけれど、市場の相場を分析したり、ユーザーが欲しがるようなものを研究しなくちゃいけない。1万円で収められるだけの経費がどんな使い方をすれば良いのかまで考えていたりする。それがビジネスではないかと思っているからだ。何もかもを好きなことで埋め尽くそうとしたら、きっとこんなことをやるのは無理だったと思う。プログラミングを学ぶにも、盆栽を育てるにも、好きなことではあるけれど、同時にできる人が少ないことをやろうとするから、どうしても周りからしたらハードルが高いことをやっているように見られてしまって、不安がられたり、心配されたりもする。でも、僕はあんまり気にすることもなく、ただ淡々と毎日楽しく、勉強を勉強とも思わずに、仕事を仕事ではなく、お金を稼ぐ手段だと考えて、過ごしている。だからきっと最近はストレスもなく平和に暮らせているのだろう。僕が平和にストレスもなく暮らせているということは、そばにいるハルもきっと安心して昼寝することができるのだから、かなり理想的な生活ができているのだと思う。

今日もこのブログを見にきてくれてありがとうございます。行動する。たまに休んで、また行動する。これがちょうど良いペースになってくる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。